Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者手当(家族手当)は見直しを!!

厚生労働省は2016年4月、「女性の活躍促進に向けた配偶者手当の在り方に関する検討会報告書」なるものを公表しています。


この中で配偶者手当については、見直しが望まれる旨の趣旨を述べています。


「配偶者手当は、家事・育児に専念する妻と仕事に専念する夫といった夫婦間の性別役割分業が一般的であった高度経済成長期に日本的雇用慣行と相まって定着してきた制度であるが、女性の就業が進むなど社会の実情が大きく変化している中、税制・社会保障制度とともに、就業調整の要因となっている。

 今後労働力人口が減少していくことが予想され、働く意欲のあるすべての人がその能力を十分に発揮できる社会の形成が必要となっている中、パートタイム労働で働く配偶者の就業調整につながる配偶者手当(配偶者の収入要件がある配偶者手当)については、配偶者の働き方に中立的な制度となるよう見直しを進めることが望まれる。

恐妻家

こんな流れを受けてからか先日、厚生労働省は「「配偶者手当」の在り方の検討に向けて」というパンフレットを公開しています。


確かに、企業側としても、共働きの増加を考えると、これまでの形式の家族手当は実情に合わないのかもしれません。


頑張って働く女性の観点から見ると不公平に感じるという声もあるくらいですので・・・・・


本パンフレットを見ながら今一度検討してはいかがでしょうか?

配偶者手当の在り方の検討

報告書(本文)
報告書(別添1 就業調整の状況)
報告書(別添2 配偶者を対象とした手当に関する見直しが実施・検討された事例等)
報告書(別添3 配偶者手当の見直しを行う場合の留意点)
配偶者手当の在り方の検討に関し考慮すべき事項
「配偶者手当」の在り方の検討に向けて(リーフレット)
「配偶者手当」の在り方の検討に向けて(実務資料編)

マイナンバーとLINEの連携PageTopニッポン一億総活躍プラン」フォローアップ会合

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2166-394f72fe

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。