Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

雇用関連助成金の「生産性要件」変更

今はキャリアアップ助成金をはじめ、多くの助成金で「生産性要件」なるものが求めらえるようになってきています。

○ 生産性要件の設定を設定している助成金は

(再就職支援関係)
○労働移動支援助成金
  早期雇入れ支援コース、人材育成支援コース、移籍人材育成支援コース、中途採用拡大コース

 (雇入れ関係)
○地域雇用開発助成金
  地域雇用開発コース

 (雇用環境の整備関係)
○職場定着支援助成金
  雇用管理制度助成コース、介護福祉機器助成コース、保育労働者雇用管理制度助成コース、
  介護労働者雇用管理制度助成コース

○人事評価改善等助成金

○建設労働者確保育成助成金
  認定訓練コース、技能実習コース、雇用管理制度助成コース、登録基幹技能者の処遇向上支援助成コース、
  若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース、女性専用作業員施設設置助成コース

○65歳超雇用推進助成金
  高年齢者雇用環境整備支援コース、高年齢者無期雇用転換コース

 (仕事と家庭の両立関係)
○両立支援等助成金
  出生時両立支援コース、介護離職防止支援コース、育児休業等支援コース、再雇用者評価処遇コース、
  女性活躍加速化コース

(キャリアアップ・人材育成関係)
○キャリアアップ助成金
  正社員化コース、人材育成コース、賃金規定等改定コース、諸手当制度共通化コース、
選択的適用拡大導入時処遇改善コース、短時間労働者労働時間延長コース

○人材開発支援助成金
  特定訓練コース、一般訓練コース、キャリア形成支援制度導入コース、職業能力検定制度導入コース

(最低賃金引き上げ関係)
○業務改善助成金


わかりやすく言うと、何かをした時の助成金は低く抑えられ、さらに+αで生産性要件を満たすと、助成金の額が加算される、というような感じです。


国としては、従業員の能力開発・意欲の向上、働き方や働きやすさの改革、業務の効率性や成果を高める設備の導入などにより、生産性の向上を図るための取り組みを具体的に効果あるものにするために、導入した後の費用対効果を求める、という感じでしょうか?


今回の変更は、生産性要件の計算方法です。


計算式は以下のようになっています。

生産性=付加価値(※)÷雇用保険被保険者
※付加価値とは、企業の場合、営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課、の式で算定されます。ただし、企業会計基準を用いることができない事業所については、管轄の都道府県労働局への問い合わせが必要です。


具体的な変更点は、上記の「人件費」に、「従業員給与」のみを算定することとした点です。


これにより、役員報酬等は含まれないこととなります。


pop_zouryouchuu.png


中小企業ほど、役員報酬割合は大きいですので、これは結構大きな変化で、以前に生産性を計算した企業においても、今回の変更により生産性要件を満たす可能性でてきます。


助成金の活用を検討されている場合は、要チェックです!!

労働生産性パンフレット

マイナンバー制度における「情報連携」及び「マイナポータル」の本格運用等開始PageTop支給要件確認申立書の変更

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2195-f5b5e489

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操