Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

兼業・副業の規程

厚生労働省は今、一生懸命、副業・兼業に関する議論を進めています。

昨日開催された、「第5回柔軟な働き方に関する検討会」の資料が公開されていて、その資料の中でも兼業・副業について触れられています。

taraimawashi_woman.png

「モデル就業規則改定案(副業・兼業部分)」

(副業・兼業)
第65条 
労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。


労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。


第1項の業務が次の各号のいずれか第11条第1号から第5号に該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。
 ①労務提供上の支障がある場合
 ②企業秘密が漏洩する場合
 ③会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
 ④競業に当たる場合


2017年11月20日に開催された第4回柔軟な働き方に関する検討会において示された、ガイドライン骨子および就業規則の案と比較すると、「④競業に当たる場合」が追加されたりしています。


懸念される長時間労働など労働者の健康に影響が生じるおそれがある場合は、①に含まれると考えられるようです。


参考にしつつ、自社のルールを考えていきたいものですね。

【第5回柔軟な働き方に関する検討会】

資料1 柔軟な働き方に関する検討会 報告(案)

資料2 (報告(案)別添1)情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)(第4回検討会からの修正履歴あり)

資料2 (報告(案)別添1)情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)(第4回検討会からの修正反映)

資料3 (報告(案)別添2)自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン(案)(第4回検討会からの修正履歴あり)

資料3 (報告(案)別添2)自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン(案)(第4回検討会からの修正反映)

資料4-1 (報告(案)別添3)副業・兼業の促進に関するガイドライン(案)(第4回検討会からの修正履歴あり)

資料4-1 (報告(案)別添3)副業・兼業の促進に関するガイドライン(案)(第4回検討会からの修正反映)

資料4-2 (報告(案)別添4)モデル就業規則改定案(副業・兼業部分)

参考資料1 第4回検討会での委員からの主な御指摘

参考資料2 日本経済団体連合会 提出資料

参考資料3 新しい経済政策パッケージ(平成29年12月8日閣議決定)(抜粋)

従業員の募集を行う際の取扱いに注意!!PageTop子ども・子育て拠出金が引き上げられる?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2196-5e7c3809

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操