Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

「建設業における墜落・転落災害防止対策強化キャンペーン」

建設業では、なんと、死亡災害の4割以上がを墜落・転落災害が占めています。


厚生労働省は、労働災害の多い年末年始に合わせて、現状況を防止するため「建設業における墜落・転落災害防止対策強化キャンペーン」を本日(2017年12月1日)から2018年1月31日にかけて実施します。

kiken_girl.png

この実施目的は、労働安全衛生規則の遵守徹底を図り、「より安全な措置」等※の一層の普及を図ることです。


「より安全な措置」等とは、「足場からの墜落・転落災害防止対策推進要綱」(平成27年5月20日付け基安発0520第1号通達の別紙)に掲げられている、足場からの墜落防止措置(法定以外の事項)、手すり先行工法等の採用、足場の安全点検の実施に関する措置のことを意味します。


キャンペーンに関してリーフレットも出されていて、その中で以下の9つがあげられています。


[作業床の設置]高さ2m以上の高所作業においては、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けましょう。


[手すり等の設置]高さ2m以上の作業床の端、開口部等には、手すり、囲い等を設けましょう。


[踏み抜き防止措置]スレート屋根等の上での作業では、歩み板、防網等を設けましょう。


[安全帯の使用]梁上の作業など作業床や手すり等の設置が困難なとき、荷の揚げ降ろし等で手すり等を一時的に開放するとき
は、安全帯を使用させましょう。


[足場からの墜落防止措置]足場(一側足場を除く)には、足場の種類に応じて、手すり、中さん等の墜落防止措置を講じましょう。


[足場の点検の実施]毎日の作業の開始前や足場の組立て、変更時には、事前に足場の安全点検を実施しましょう。


[作業主任者の選任]高さ5m以上の足場の組立て・解体等の作業を行うときは、作業主任者を選任しましょう。


[特別教育の実施]足場の組立て・解体等の作業に労働者を就かせるときは、当該労働者に対し特別教育を実施しましょう。


[安全衛生教育]労働者を雇い入れたときは、安全帯の不使用など不安全行動が生じないよう、墜落・転落防止のための教育を行いましょう。

 
このようなリーフレットを活用しながら、災害「0」を目指し、墜落・転落災害の防止対策を行いましょう!!


【キャンペーンの概要】

1 実施期間
平成29年12月1日~平成30年1月31日

2 趣旨・目的
建設業における墜落・転落災害の防止に向けて、労働安全衛生規則の遵守徹底を図るとともに、「より安全な措置」等※の一層の普及を図ることを目的とする。

※ 「足場からの墜落・転落災害防止対策推進要綱」(平成27年5月20日付け基安発0520第1号通達の別紙)に掲げられた、足場からの墜落防止措置(法定以外の事項)、手すり先行工法等の採用、足場の安全点検の実施に関する措置

3 主な取組
  ・関係団体(43団体)に対する要請(11/7に厚生労働省労働基準局長から実施済み)
  ・建設現場パトロール等による指導や周知啓発
  ・関係団体や建設現場パトロール等を通じたリーフレットの配布

リーフレット「No more!墜落・転落災害@建設現場」

雇用保険料率の引き下げPageTop36協定等の提出のメリットが増えます!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2199-1abb7cfd

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操