Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

会社のブルーオーシャンは何?

皆様、既に遅きの部分もありますが、ブルーオーシャン戦略というのをご存知でしょうか?

ブルーオーシャン戦略?

もしかすると、すでにご存じの方もいらっしゃるかと思われますが、、INSEADビジネススクール教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネス書で述べられている経営戦略論の一つです。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
(2005/06/21)
W・チャン・キム、レネ・モボルニュ 他

商品詳細を見る


とっても、ざっくりと説明しますと、競争過多の状況で、血を流し、争うような市場(レッドオーシャン)は捨てて、従来にはなかった新たな需要を掘り起こして、誰もライバルがいない、静かな市場(ブルーオーシャン)で商売しましょう、というような感じです。

例えばの例として・・・・



by. s-takada
例えばの例として、よく任天堂のWillが上げられます。

これまでの、10代後半のゲーマを主要顧客とするという発想を捨て、高度な画像処理性能やスペックで競争していたゲーム市場から抜け出して、今まで、顧客として考えていなかった、小さい子供や大人、家族層にターゲットを絞った商品づくりを行うことで、新たな購買市場を生み出し、見事スマッシュヒットを飛ばしたことは記憶に新しいと思われます。

この時もブルーオーシャン戦略を参考にしたそうです。

そのブルーオーシャン戦略の本の中で、次のようかことが書いてありました。

「ブルーオーシャン戦略を考える、基本として、バリューイノベーションが重要かつ必要」であると。

バリューイノベーション?とは、次のような概念だそうです。

商品の低コスト化と付加価値の増加を同時に行い、企業と顧客の両方に対する価値を向上させる事だそうです。

このようなことに成功すると、争いの輪から抜け出せますよ、とのこと。

大変大雑把な説明ですが、そのためには、次の4つの視点で商品やサービスを考えようとのこと。
(英語の頭文字をとって、ERRC と呼びます)

① すっかり取り除ける要因は何か(コストを下げられる)

② 大胆に減らせる要因は何か(同上)

③ 大胆に増やせる要因は何か(新たな価値を提供する)

④ 新たに付け加える要因は何か(同上)

これによって非顧客の3分類に含まれている人たちを新たなターゲットにしましょうということだそうです。

非顧客の3分類とは
① 消極的買手
   ・・・現在顧客ではあるけれど、いつでも逃げ出してしまいそうな顧客。つまり、仕方なく顧客になっている人
② 利用しないと決めた買手
   ・・・これまでの体験等により、その製品や業界に否定的な人。「もう買わない」と決めた人です。我々の場合であれば、「社労士とは契約しない」と考えている人です。

③ 市場から距離を置く買手
   ・・・そもそも自分自身がそのサービスを必要であると考えていない人

これらの非顧客の3分類を考え、「何故、買わないのか」から、新たな市場ニーズを考えるということだそうです。

簡単にまとめますと、ブルーオーシャン戦略とは、今までのサービスを見直し、低コスト、高付加価値化を成功させて、これまでのターゲットでなかった人を顧客にして新たな市場を作りましょうということだと思います。

さて、皆様の会社にとっての、このブルーオーシャンとはどこに、どのようなサービスにあるのでしょうか?

一度考えてみるのもいいかも知れません。

パートタイム労働法の改正PageTopいいプロフェッショナルとは

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/22-a7efdb6e

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示