Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

賃金請求権時効見直しにかかる検討会

2020年4月に改正民法が施行され、これが労働法の分野でも話題になっています。


昨年末にもお伝えいたしましたが、今回の民法改正で一般債権の時効について、債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき、または権利を行使することができる時から10年間行使しないときに統一されることになりました。


これを受けて、労働基準法115条の対象となる賃金等請求権の消滅時効の期間についても見直すべきではないかという議論が起こっており、厚生労働省では先日、「賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会」を立ち上げ、その検討を開始しています。


saiban_small_no_gavel.png


今回の検討会での検討ポイントは賃金請求権の時効以外にも下記のようなものがあげられています。

【ポイント1】
労働基準法第115条の消滅時効の起算点について、同規定はこれまで「権利を行使できるときから」と解釈・運用されてきたと考えられるが、今般の民法の改正を踏まえ、どのように考えるか。

【ポイント2】
年次有給休暇請求権の消滅時効(繰越期間)について、年次有給休暇の取得促進の観点を踏まえつつ、どのように考えるか。

【ポイント3】
その他の関連規定(書類の保存期間や付加金等)について、賃金等請求権の消滅時効期間の在り方を踏まえて、どのように考えるか。


もし、賃金債権の事項が5年になると、その影響は少なくありません。


また、有給休暇の時効が5年とかになると、まったく取得していない人であれば、最高100日の有給が発生する可能性もあり、これらを退職時に請求されると、概ね3か月分の給与支払いが発生する可能性もあるため、これはこれで悩ましい問題です。【資料の出し方を見ている限り、こちらの方は、現行と変わらないと思いますが・・・)


とかく、いろいろ大変そうなので、少し注目が必要ですね。


ちなみにこの検討会は、来年夏を目処にとりまめが行われる予定です。


【第1回賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会】

議事次第

資料1 開催要綱

資料2 参集者名簿

資料3 検討会の公開の取扱いについて(案)

資料4 今後の進め方について(案)

資料5 消滅時効の在り方に関する検討資料

労働者派遣事業関係業務取扱要領の改訂PageTopなんで? 介護保険料が引き下げられます。

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2209-e5d6f2ca

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操