Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

意識を変える必要がある、労働時間への捉え方。

先日、有効求人倍率が発表され、1.56倍という、高度経済成長期直後の1974年以来、43年10ヵ月ぶりの高い水準となっています。

これに関連する形で、「平成29年上半期雇用動向調査結果」が厚生労働省より公表されています。

平成29上半期の入職と離職をみてみると、入職者数は4,745,700人、離職者数は4,191,700人となり、554,000人の入職超過。

これを率で見てみると、入職率が9.6%、離職率が8.5%となっており、1.1ポイントの入職超過です。

注目したいのが転職理由。次のようになっています。

[男性]
1位 定年・契約期間の満了 16.5%(前年同期19.0%)
2位 労働時間、休日等の労働条件が悪かった 12.8%(前年同期8.6%)
3位 会社の将来が不安だった 10.6%(前年同期9.5%)
4位 給料等収入が少なかった 9.1%(前年同期10.8%)
5位 職場の人間関係が好ましくなかった 6.1%(前年同期6.7%)

[女性]
1位 労働時間、休日等の労働条件が悪かった 14.3%(前年同期12.1%)
2位 職場の人間関係が好ましくなかった 11.7%(前年同期11.2%)
3位 定年・契約期間の満了 11.3%(前年同期15.0%)
4位 給料等収入が少なかった 10.7%(前年同期9.1%)
5位 仕事の内容に興味が持てなかった 5.7%(前年同期4.3%)

前年同期と比べても、男女ともに「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が最も増加しており、男性が4.2ポイント、女性が2.2ポイント上昇しています。

生産性人口が減っていき、売り手市場となる中、企業はこれらの労働者のニーズにこたえていく事が急務になっていることが読み取れます。

一部の人には理解がしにくい部分があるかもしれませんが、就職は就社といわれ、そこで一生を過ごすという考えは随分風化しており、プライベートとジョブにドライな感覚を持つ人が増えている以上、働く人の善意に依存した組織の在り方は軋んできているのかもしれません。

平成29年上半期雇用動向調査結果の概要

転職入職者の状況

雇用保険でマイナンバーの記載がないものは平成30年5月以降返戻されますPageTop社会保険のマイナンバー利用に関する通達

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2235-8ad64a4c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操