Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

マイナンバー連携後に氏名変更をしたときの健康保険証の取扱い

3月5日から社会保険の手続きでマイナンバーの利用が開始されていますが、これに伴い、氏名変更・住所変更の届出が省略されることになります。

省略されたときの各種変更の流れ等について協会けんぽが公開しています。

この中で、氏名変更における健康保険証の取扱いには次のような感じです。

平成30年3月5日以降、被保険者の氏名・住所の変更情報については、日本年金機構がマイナンバーを活用して、地方公共団体システム機構(J-LIS)に変更情報の照会を行い、協会けんぽに情報提供を行うことになっています。日本年金機構から情報の提供を受けた協会けんぽは、変更情報をもとに氏名変更による新しい保険証の発行を行うことになります。

新しい健康保険証は、発行後、事業主へ送付されるため、新しい健康保険証(新健康保険証)が届いたところで従業員へその旨を伝え、それまでの健康保険証(旧健康保険証)と交換。

交換後、旧健康保険証については、現行どおり日本年金機構まで返送することとなります。

氏名変更後の新健康保険証が届いた後、1ヶ月程度経過しても、従業員が旧健康保険証を提出しない場合など、健康保険証の交換ができない場合は送付状にその旨を記載し、事業所の管轄の協会けんぽ支部へ新健康保険証を返送するそうです。

協会けんぽからはそのときに使用する送付状の雛形が公開されています。

なお、被扶養者については、氏名変更の届出省略は行われないため、引き続き届書の提出が必要になるそうです。

これ読んで、えっと思うのは私だけでしょうか?

扶養は届出が必要とのこと。それなら両方とも、届出が必要にしておいたが方が間違いが減るような気が・・・

なんか、年金機構って、間違う事のプロフェッショナルを目指しているのだろうか?なんてこともシニカルに感じたりしてしまいます。

誰のためかよくわからないマイナンバー。今のところ、便利より、不便かつ、高リスクになっているだけのような気がするのは私だけでしょうか?

海外に住む家族を健康保険の扶養と申立書の添付PageTop雇用型テレワークの適切な導入・実施に向けたガイドライン

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2238-c5c83a31

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示