Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後を予見できる話題の裁判例

週金曜日(2018年6月1日)、最高裁では同一労働同一賃金に関する2つの重要な裁判の判決が言い渡されました。

多くの関係者が注目していた事件ですが、一般的には精勤手当以外は会社の勝訴という風に言われており、結論は多くの方が予測されていた通りだったような気がします。

そもそも、お給与や待遇は、法律で定めることなのでしょうか?

会社や市場の仕組みを理解すれば、行き過ぎた保護がかえって働く人の環境を束縛する一面も想定できるわけで、機会平等と格差平等を考えないと、競争力は奪われ、国自体の力が落ちたけった、さらに苦しい状況を作ってしまわないかと懸念する、今日この頃の流れです。

そういう意味では、大切なことは、失敗してもやり直せる社会の醸成であって、解雇規制の在り方についての議論が同時にあってもよいのではないかと思う今日この頃です。

今回の判決、今後の働き方改革関連法案やその後の判例等にもある程度影響が出てくるかと思いますので、一読しておいてもよいような気がいたします。

平等院鳳凰堂


ハマキョウレックス事件最高裁判決(平成28(受)2099)

長澤運輸事件最高裁判決(平成29(受)442)

出生時にマイナンバーが把握できない場合の健康保険 被扶養者(異動)届の記載方法PageTop働き方改革関係法案が衆院で可決

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2248-73dc7210

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。