Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

上場企業の早期・希望退職者募集が急増

 今世の中は人不足と言われていますが、その一方で大企業が続々と早期退職者や希望退職者を募集しはじめています。

 東京商工リサーチの調査によれば、2019年1月~11月に早期・希望退職者を募集した上場企業は36社にのぼります。対象人数は1万1351人。過去20年で最小だった18年(1~12月)と比べると、どちらも約3倍に増加しているようです。

 新聞でも大きく取り上げられていたところもありますが、募集人数が最も多かった企業は富士通で2850人。次いでルネサスエレクトロニクス(1500人)、東芝(1410人)、ジャパンディスプレイ(1200人)と続いています。

 調査によれば、退職募集を行った36社のうち、16社が募集発表時の直近通期決算で最終赤字を計上しています。ただ、経営の先通しが悪いから、というだけではなく、カシオ計算機やキリンビールを含むキリンHDなど、業績が堅調な業界でも、将来を見据えて「先行型」の募集を行う企業も多く見られます。

 また、日立金属や味の素など7社が、20年以降に早期退職を実施することを明らかにしています。

キャプチャ

 法律上、解雇に関する規制は厳しいこの国ですが、順序だてた「整理解雇」については、別物です。当然、それに見合う手厚い対応ができてこそのことですが、少子高齢化も含め大きく事業環境が変わることが予見される今、この流れはおそらく一層進んでいくと考えられます。

 政府は一生懸命、高齢者活用を促そうとしていますが、それは企業にとって必要な人材に限られることであって、「定年制」という慣習は上から、急速に溶けていくでしょう。

 これまでの「それなりに全体の幸せ」が制度上ある程度確保されていた時代も終わり、実力主義が徹底されていく世の中で、この国の社会保障制度をはじめとする、セーフティネットの在り方も急速に変化を求められるのかもしれません。

本年も誠にありがとうございました。PageTopあがり続ける初任給

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2301-1ad1c07e

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操