Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

4月からの雇用調整助成金の拡充(予定)

従業員を休業または、時間短縮で勤務させた場合には支給されなくなる給与の保障として、労働基準法にて『休業補償(平均賃金の60%以上)』の支給が義務付けされていますが、この保障をした場合に支給される助成金が「雇用調整助成金」と言われるものです。

この助成金は、過去からあり、今回のコロナ関連でその内容が簡易かつ拡充という形で変更されていたのですが、R2年4月1日からさらに利用しやすくなるよう、変更される予定です。

主な変更点は次の通り。

・生産指標要件緩和 ⇒ 1か月5%(今は10%以上)

・雇用保険被保険者でない人も対象に(今は雇用保険被保険者のみ)

・助成率の拡充   ※これまでは2/3(中小)1/2(大企業)
 ⇒ 4/5(中小)、2/3(大企業)  (解雇等を行わない場合は9/10(中小)、3/4(大企業
  
この助成金の利用には計画届の提出が必要なのですが、計画届の事後提出も認められています(6月30日までに提出の予定)   
これまで以上に柔軟かつ迅速に利用できるようになりそうです。

また、上記拡充のほかに
上記の拡充にあわせて、
   ① 短時間一斉休業の要件緩和
   ② 残業相殺の停止
   ③ 支給迅速化のため事務処理体制の強化
   ④ 手続きの簡素化
が行われる予定で、
さらに、
教育訓練が必要な被保険者について、教育訓練の内容に応じて、加算額を引上げる措置が別途講じられる予定です。

今回は、助成金を検討する必要がないのが一番ですが、万が一に備えて知っておきたい場合も含めて、お気軽に『Faith』までご相談いただけましたら幸いです。

キャプチャ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大について(令和2年3月28日(土)通達)

4月1日以降の雇用調整助成金についてPageTop新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/2305-d6291d8b

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操