Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

新規開拓営業を成功させるために ③

前回の新規営業関連の話で、マーケティングプロセスをご紹介しました。

さて、皆さまのマーケティングプロセスはきっちりされていたでしょうか?

我々の仕事は、非常に幅広い範囲を包括しているがゆえに、

自信の経験や、能力を踏まえて、マーケティングプロセスを重視した戦略の展開が
必要かもしれません。

さて、今回は、そのマーケティングプロセスの中の、マーケティングミックスのところに
あげました、マーケティングの4Pについて説明したいと思います。

マーケティングの4Pとは、商品やサービスを売る際に、4つの視点から
売り方を考えるというものです。

この場合、その視点は、あくまで「売り手目線」となります。

この目線を「顧客(買手)」の目線に変えた商品提供戦略を4Cと言います。

この4Pと4Cは表と裏のような関係になるため、今回は一緒に説明します。

4Pとは、「Product]「Price」「Place」「Promoption]のことです。

4Cとは、「Customer Value」「Cost」「Convenience」「Communication」の4つです。

具体的には下記の通りです。

 4P(売り手からの視点)⇔4C(買い手からの視点)

   ① Product(製品戦略) ⇔ Customer Value(価値)
     機能・品質・デザイン・商品名・製品保証・パッケージ
      ※商品パッケージは購買決定要因として重要なのでPackegeを加えて5Pとすることもあります

   ② Price(価格)⇔Customer Cost
     小売価格、卸価格、割引率、支払期限、契約期間
      ※通常は顧客が納得して購入できる「妥当価格」というものがあり、これに近い価格に落ち着きます

   ③ Place(流通戦略)⇔ Convenience(利便性)
     販売チャネル、物流、在庫、流通エリア、品ぞろえ
      ※欲しいものが即座にないと機会損失となるが、品質が多いと在庫リスクがある。最近はあえて品薄感を演出してヒットを長続きさせることも 

   ④ Promotion⇔ Communication(コミュニケーション)
     広告、パブリシティ、口コミ、広告、販売促進、対面販売、サンプリング最近は売り手の一方的な情報発信は効果が薄いため、消費者の口コミを利用した「バズマーケティング」や顧客との対面コミュニケーションによる方法が注目を浴びています

我々も、サービス・商品を提供するわけですので、その価値を明確にし、妥当性のあるフィーを設定し、それをどのように、伝えていくのか(紹介?HP?飛び込み?)を考えていく必要があるのかもしれませんね。

さて、皆さまの4P戦略、又は4C戦略はいかがなものでしょうか?

一度立ち止まって考えてみるのもいいのかもしれません。

平成23年度の労働保険料率が決定いたしました。PageTop新規開拓営業を成功させるために ②

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/26-129048a2

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示