Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

今回の地震における労災Q&Aについて① 【業務災害関係】

平成23年3月24日 厚生労働省は今回の震災における業務上外の判断の方法等に関する通達と「労災保険Q&A」を発表しています。

内容を見ると、確認書類がないケース、事業所がないケース等、様々ケースについての取り扱いが明確に示されており、通達の文章からも今回の震災の被害の大きさが直接伝わってきて、心が痛みます。

厚生労働省は今回の震災に関し、できる限り積極的な業務上災害、通勤災害の認定を指示しており、迅速に対応しようとする姿勢を垣間見ることができます。

 <労災保険Q&Aより>
【労災保険の考え方について】
 「仕事中」に地震や津波により建物が倒壊したこと等が原因で被災した場合
    → 労災補償の対象となる(危険環境下の業務に伴う危険が現実化したものと考える)
     

 「通勤途中」、その途上で津波や建物の倒壊等により被災した場合
    → 労災補償の対象となる(通勤に通常伴う危険が現実化したものと考える)

【業務災害関係Q&A】
 ① 仕事中に地震や津波に遭遇して、怪我や死亡した場合
    → 通常、業務上災害として労災保険給付を受けることができる
       「通常」・・・仕事以外の私的な行為をしていた場合を除くため

 ② 避難指示が出たので避難している最中に津波により怪我をした(死亡した)場合
    → 避難することは、仕事に付随する行為となる
      通常業務災害として労災保険給付を受けることができる

 ③ 仕事中に津波にあっていまだ行方不明の場合、行方不明の方の家族は労災保険の請求ができるか
    → 1)警察の調査により死後が判明した場合
      2)民法の規定により行方不明となった日から1年後に死亡とみなされた場合

      に、労災保険の遺族補償給付の請求ができる
    ※ 特例的に民法に規定する1年よりも短い期間で労災認定ができるようにすることを検討中

 ④ 被災地へ出張していた際、出張用務中に地震や津波に会い、怪我をした(死亡した)場合
    → 私的行為中などを除いて、労災保険の適用あり
      (出張は開始から終了まで業務遂行性があるとされる)

 ⑤ 業界団体からの要請に基づいて従業員を被災地へ派遣(在籍出向・転籍出向)させる場合、赴任途上も
   含めて、現地での業務・通勤に労災保険は適用されるか
    → 出向先までの赴任途中の災害・・・出向先の労災保険が適用
      出向先での勤務が始まった場合には、通常の勤務となるので業務災害や通勤災害の適用あり

 ⑥ 休憩時間中に地震や津波にあって負傷した場合
    → 休憩時間中でも労災保険給付が受けられる

 ⑦ 外回りの営業(事業場外での勤務)に出ていた従業員が地震や津波で死亡した場合
    → 「私的行為中」でない限り、業務災害と認められ、労災保険給付が受けられる。


      

今回の地震における労災Q&Aについて② 【通勤災害関係】PageTop被災に伴う出産育児一時金等に係る医療機関等の取扱い及び直接支払制度の積極的活用について

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/75-807912ce

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示