Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

アフターケア制度をご存知ですか?

仕事中に怪我をした場合、「労災」と言うのは多くの方がご存知かと思います。

この労災上の考え方では、大きなけがをした場合でも、「これ以上治療をしてもよくならない」状態になったとき、「治癒」の状態になったと考えられ、それ以降は労災保険の適用を受ける事ができなくなります。
(治癒をして、障害が残った場合は、障害給付が行われます)

しかし、そのケガや病気が治った後も、再発や後遺障害が起きることも少なくありません。

そんな、場合の備えるために、国は「アフターケア制度」と言うものを用意していますので、今日はその内容を少しご紹介します。

【アフターケア制度とは】
労災保険制度では、業務上災害又は通勤途上災害により被災された方に対して、その方の症状が固定した(治ゆ)後においても、後遺症状に動揺をきたしたり、後遺障害に付随する疾病を発症させるおそれがあることから、必要に応じ予防その他の保険上の措置として『アフターケア』を社会復帰促進等事業として実施しています。

対象傷病として、【せき髄損傷】・【白内障等の眼疾患】・【人工関節・人工骨頭置換】など20傷病があります。
アフターケアを受けられる方に対しては、所轄労働局長からあらかじめその傷病に応じた「健康管理手帳」が交付されますので、アフターケアを受けようとする場合には、「健康管理手帳」を労災病院又は労災指定医療機関へ提出することにより、無料で診察、検査、薬剤の支給等の措置を受けることができます。手帳の有効期間についても、対象傷病により2年若しくは3年と定められています。

アフターケア_convert_20130320114547

この度、厚生労働省がこのアフターケアの詳細を示したパンフレットを発行しています。

万が一に備え、このような制度もあることを知って頂けましたら幸いです。

アフターケア制度について

苦しみに感謝してPageTop素直は成長の種

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/808-71436bf5

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操