Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

孤独は健康に悪い

先日、面白いコラムを見つけました。まあ、普段から「なんとなくそうだろうな~」と皆さんが漠然と感じられている事かと思いますが、「孤独」と「健康」の関係についてです。

最近はこの分野の研究が随分進んできているそうです。

例えば、2010年の研究では、「行き過ぎた孤独は日に15本喫煙するのと同じくらい危険」という研究結果が発表され、「孤独はリスクである」という主張がなされたりしています。

何かと一人になりがち、もしくはそんな価値観も容認されつつある現代ですが、様々な研究から、「そうも言ってられないな~」という統計が出てきているのです。

孤独 こんな未来はちょっと嫌だな~

■「社会的ネットワークが減ると、孤独を気にしない人でも死に至りやすい」
アンドリュー・ステップトウ(Andrew Steptoe)教授の率いる、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの疫学研究チームは2004~5年にかけて、6500人の「50歳以上の男女」を対象に、孤独度を測るアンケートを実施しました。
家族や友人との接触度や、地域の集まりへの参加具合を観察したうえで、その後およそ8年もの間、各人の健康状態を追跡したのですが・・・

結果は、被験者のうち918人が死亡というものでした。

これらの総合的なデータから導き出された結論は、「死因と関係なく、社会からの隔絶は高い死亡率と関連がある」という事でした。

持病や経済力、性別や年齢を考慮しても、最大で26%も高い死亡率が見られたそうです。

リサーチが示しているのは、”孤独そのもの” ではなく”社会からの隔絶” が重大なリスク要因だということ。

「隔絶は、友人、家族、組織との接触不足を意味しますが、孤独は交際や付き合いを避ける主観的な選択と言えます。両者は同じコインの裏表でしょう」とステップトウ氏は語っています。

社会的ネットワークの維持は、人生の根本であるだけでなく、健康の維持にも有利だと言えるのです。

例えば、孤独好きな傾向のある人にとっても、周囲からのサポートはストレスを軽減する心理的な作用があります。また、きちんとした食習慣、薬を飲むことや健康法などの「体に良い習慣」は他人から影響されることも多いのかもしれません。
社会的に隔絶されているということは、「人付き合いが減るだけでなく、”助言と援助の機会” が減る」という事に繋がり、これらが健康リスクに繋がるのです。

人は高齢になるにつれて孤独を好む傾向があるそうですので、今後このような研究の結果が進んで、対処療法が多くの人の間でシェアされるようになり、幸福な高齢化社会に繋がればいいな~、と思います。

急速な少子高齢化社会の中にいる私たちは、「どのように老いていくのか」という事にもビジョンをもって、生きていく事が問われているのかもしれませんね。

年度更新パンフレットPageTop厚生年金基金の行方・・・

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/829-f4dc21d1

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操