Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

震える牛(お勧めの一冊)


本日のお勧めの一冊は「震える牛」(相場 英雄 著)です。




本著は推理小説の形をとっているのですが、現代の流通市場の問題を取り上げた社会派小説にもなっています。




BSEの問題を軸に、大店法改正による郊外型ショッピングセンターの進出による商店街の破壊、買い物難民と化す高齢者など、今の日本の地方都市で起きている問題をあぶり出しています。




その中でも特に力をいれて見入ってしまうのが、食品の安全が侵されているという問題です。





今や当たり前となっている、低価格を打ち出した居酒屋やレストラン。


当初はあまりの安さに多くの人が何かがおかしいと不信感を持っていたものの、いまや激安が当たり前となり、その競争はさらに激化しています。


そして、そのような環境変化の中で私たちの感覚はだんだん麻痺してしまっていると思うのですが、その背景には、食に関する恐ろしい実態が着々と広がりつつあるということを本書は強く訴えており、一消費者として深く考えさせられるものでした。。


少し考えれば、これだけ安ければ何かがおかしい、というのは当たり前のことなのですが・・・


その当たり前を忘れさせてしまう、広告宣伝やPR、マスコミなどに私たちは惑わされないよう、自分の頭で考えて企業と接していかなければいけないのかもしれません。


何も考えなければ企業PRやマスコミの情報に流されて、いつの間にやら被害者になんていうこともあるのかも、と考えると大変恐ろしいことです。




本著のラストシーンは大どんでん返しが待っていて、この結末も含め、今の日本社会の歪みを感じざるを得ない一冊でした。




本のストーリー展開自体は、警察官独特のやり取りが使われていたり、少し説明不足があったりと最初の部分はやや読みづらい部分があるのですが、中盤以降は、刑事が犯人を追い込んでいく過程を擬似体験するようなテンポ良いリアルな描写にグッと引き込まれていきます。




ご興味のある方はぜひ・・・


震える牛 (小学館文庫)震える牛 (小学館文庫)
(2013/05/08)
相場 英雄

商品詳細を見る

受動喫煙防止対策助成金制度PageTopちょっとお勧めこのお店 71 (辛口料理 スズメバチ)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/872-43f796bc

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操