Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

厚生年金基金制度の改革案

AIJ事件をきっかけとして、社会問題となった基金問題ですが、およそ1年間の議論を経て、厚生年金基金制度の改革案を盛り込んだ年金制度改革関連法(「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」_4月22日)が6月19日、参院本会議で自民、民主両党などの賛成多数で可決、成立しています。



本法案では、専業主婦らの年金切替え漏れへの対応なども盛り込まれています。



この法律では、厚生労働省が民主党政権下の2012年秋に打ち出した全基金を10年で全廃する基金全廃方針は撤回され、財政が健全とされる約1割の基金の存続が認められることになりました。(事前に新聞等で公表されていた通りです)




「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案の概要」


1.厚生年金基金について他の企業年金制度への移行を促進しつつ、特例的な解散制度の導入等を行う

(1)
平成26年4月の施行日以後は厚生年金基金の新設は認めない。


(2)
平成26年4月の施行日から5年間の時限措置として特例解散制度を見直し、分割納付における事業所間の連帯債務を外すなど、基金の解散時に国に納付する最低責任準備金の納付期限・納付方法の特例を設ける。

(3)
平成26年4月の施行日から5年後以降は、代行資産保全の観点から設定した基準を満たさない基金については、厚生労働大臣が第三者委員会の意見を聴いて、解散命令を発動できる。

(4)
上乗せ給付の受給権保全を支援するため、厚生年金基金から他の企業年金等への積立金の移行について特例を設ける。


基金解散



2.国民年金について第3号被保険者に関する記録の不整合期間の保険料の納付を可能とする等の措置

第3号被保険者の記録不整合問題 への対応に関して、保険料納付実績に応じて給付するという社会保険の原則に沿って対応するため、以下の措置を講ずる。

(1)
年金受給者の生活の安定にも一定の配慮を行った上で、不整合記録に基づく年金額を正しい年金額に訂正

(2)
不整合期間を「カラ期間」(年金額には反映しないが受給資格期間としてカウント)扱いとして、無年金となることを防止

(3)
過去10年間の不整合期間の特例追納を可能とし、年金額を回復する機会を提供(3年間の時限措置)

(註)第3号被保険者の記録不整合問題とは、第2号被保険者の被扶養配偶者である第3号被保険者(専業主婦等)が、第2号被保険者の離職などにより、実態としては第1号被保険者となったにもかかわらず、必要な届出を行わなかったために、年金記録上は第3号被保険者のままとなっていて不整合が生じている問題。



時代にほんろうされ続けた基金制度ですが、終焉を迎えようとしています。



この事は、同時にこれまでの日本の労務管理の在り方が大きく変わっていく事を意味しています。



今後、企業は「安定した老後」というカードを失った状況で、勤務年数が長期化する社員に対し、どのようにしてモチベーション、ロイヤリティを高めていくか、その対応が問われていくのではないでしょうか?


議案情報

法律案の概要

ちょっとお勧めこのお店 76 (クソおやじ最後のひとふり)PageTop障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/912-f3844982

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操