Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

万物は有限である

東京などを中心に国民健康保険料の急激なUPが問題になっているとのこと。



人によっては年間10万を超える増額も。



所得は急に変わらないわけだから、これは痛い。



しかも、この影響を受けているのは一番お金のいる子育て世帯、年収300万から400万の層。



国は少子高齢化対策をとして、子育て支援をあっちこっちで声を大きくしていっているが、現場で実際に起きているのはこのような現実。(といっても自営業者が主な対象の為、影響が少ないと考えているのかもしれませんか)



これは、健康保険の方にも言えることですが、給与の昇級額以上に保険料が上がって行く時代。



しかも、来年にはこの上にさらに消費税が乗っかってくる事を考えると・・・



なかなか将来に希望を持ちにくい時代なのかもしれません。



しかし・・・・・・・、何故こんな状況になったのでしょう?



様々な要因があるので一言で言えることでは決してありませんが、一要因の中に、私たち自身にも反省しないといけないことがあるのかな~~~、なんて考えたりしています。



昔、医療機関に高齢者が集まり、必要性が不明確な医療費がかかっていると問題になったことがあります。



今は、これが、介護の方に流れています。



以前、お医者さんと話をしていて聞いたことがありますが、患者の中には、自分で病気を作って来る人、病気が治ることを拒否する人も結構いるそうです。



「社会構造の変化によって既存のコミュニティが崩壊し、高齢者の居場所がなくなりつつある中で、「一人は寂しいから」「誰かと話がしたい」「出会いを求めて」等々、医療とは関係ありませんが、個々人がそれぞれいろんな理由をもっているでしょう。



そして、ついつい「保険が使えるので(特に高齢の方は1割負担の為余計に)」と、気軽にかつ無差別に医療を利用していくと・・・




「気軽に使える医療制度」これ自体は素晴らしい事です。




他国の人などと話をしていも常に感じることですが、日本の国民皆保険制度はとても素晴らしいと強く感じます。



しかし、これを今後も継続していこうとすると、私たち一人一人も他人事・無責任では済まされないのではないでしょうか?



これは年金もそうですが、財政が厳しい理由は、テレビがしょっちゅう報道している「行政に問題があるから」だけではないでしょう。
(もちろん、確かに旧社会保険事務所など、行政側の体制等に大きな問題があった事は事実ですが)




少なくとも制度の継続性が厳しくなっている本質的な理由はもっと別のところにあるんじゃないかな~~、なんて考えてしまいます。



例えば、社会保険の制度って、どんな内容で、どういう仕組みで成り立っているかについて、ちゃんとわかっている人って、どれくらいいるでしょう。



テレビがいうからなんとなく批判をしますが、どういう制度かをちゃんとわかっている人って本当に少ないと思います。



しかし、少しこの制度の本質を理解すると、基本的にこれらの制度は「支え合い」で成り立っている事は簡単に理解できます。



少しずつ広く財源を集め、今必要な人に給付を行っていく、という感じ・・・



だからこそ、「もらえるから、もらう」「使えるから使う」と個人個人が自身のエゴで行動してしまうと、いくら財源があっても足りなくなってしまいます。



次世代への継続のために、「ムリ・ムダ・ムラ」をなくす、個々人の意識の改革もとても大切なことではないでしょうか?



財源は有限であり、その原資は、国民全体の「思いやり」で成り立っている事を理解して、「個々になにができるか?」を考えて行動していく事が、制度継続の為に大切なことなのかな~と考えています。



現役世代がしはらう、保険料の原資、この多くを利用している世代から、「感謝の気持ち」や「思いやり」が伝わってくれば・・・、まだ支払う方も救われるかもしれませんが、



「制度なんだから当たり前」となってくると・・・・・




「思いやり」「譲り合い」「心配」「気遣い」「感謝の心」etc.



「万物は有限である」そんなことに思いを寄せて長い時間をかけて語り継がれてきた、これらの言葉の大切さを今改めてみつめ直す必要があるのかも、なんていうことを社会保障からも考えてしまう今日この頃です。



夫婦の仲も、世間も、制度も、「あたりまえ」になったときにはすでに崩壊しているのかもしれません。



気をつけないと・・・・・



限りある 
限りある事を理解して、思いやり溢れる継続的な社会を・・・

ちょっとおすすめこのお店 79 (馬肉と牛肉バル 肉's Kitchen PERO)PageTop「暮らしの税情報」平成25年版

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/934-2c19d110

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操