Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

テレワークの課題

時間と場所を選ばず、多様な人材の活用や仕事と家庭の両立などに寄与すると期待されている、ITを活用したテレワークという働き方。


インターネット関連機器の発達で在宅型テレワーカー率は急増していますが、企業の制度としての導入は伸び悩んでいます。


また、テレワークの導入により「実質的なサービス残業が増えた」という声もあり、なかなか、ワークライフバランスの向上には結びついてかいないというような実態もあるようです。


その内容を少し・・・


ある外資系金融サービス業で働く方は東日本大震災を機に、「出社できないリスクがある」と会社からパソコンを支給されました。


在宅でも通信環境が良ければ金融情報へのアクセスや社内の同僚や上司とのチャットも常時可能となったのですが・・・


結果的に、「病気で出社できないときでも社内の状況が分かり、便利にはなった一方、休日も含め、即座に上司のチャットに反応しないと『仕事をしていない』と見なされるような事態がおき、『気が休まらない』と退職した社員もいるそうです。



テレワーク





国土交通省が毎年実施している「テレワーク人口実態調査」によると、平成22年から在宅型テレワーカー(週8時間以上、オフィス以外のIT利用環境で仕事をし、そのうち1分以上自宅で仕事をする人)は大幅に増加しています。


22年 320万人
23年 490万人
昨年 930万人
と倍増しています。


ここまで増えた理由としては、パソコンの性能向上、データ通信の高速化、通信エリアの拡大、スマートフォン・タブレット端末の進化などが影響していると考えられます。



一方で、22~24年の総務省の「通信利用動向調査」によると、従業員100人以上の企業でテレワークを制度として導入している企業は22年の12・1%から24年は11・5%に減少しています。


24年調査でも「導入していないし、具体的な導入予定もない」が最多の85・6%を占めました。



その理由としては、「テレワークに適した仕事がない」、「情報漏洩(ろうえい)が心配」などが言われています。



しかし、これからの少子高齢化の進展による労働力人口構成の変化などを考えると、情報漏洩などのテレワークの懸念事項は、システムや運用方法の改善で大半が解決できるようになるため、今後も増え続けて行くものと予測されます。


むしろ、テレワークなどの勤務体系に対応できない企業は企業競争力の点でフリになっていくなもしれません(あくまで業種によりますが)


増えゆくテレワーク。


これに伴い起こりうるデメリット。

仕事とプライベートの線引きをどのように明確にして行くのかも含め、試行錯誤しながらこれらのデメリットを解消しテレワークのメリットを活かしていく事が今後求められています。



【用語解説】テレワーク

 企業の建物から離れた所にいながら、通信ネットワークの活用で、企業の建物内で勤務しているような作業環境にある勤務形態。社員の作業場所により、「在宅勤務」「モバイルワーク(営業などで外出中に携帯情報端末で作業する場合)」「サテライトオフィス(自社オフィス以外のオフィスで作業する場合)」などがある。6月に政府が閣議決定した「世界最先端IT 国家創造宣言」で、国は、テレワークは生産性の向上、女性や高齢者らの雇用促進などに貢献すると言及。平成32年にはテレワーク導入企業を昨年比の3倍、週1日以上、終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカーを全労働者の10%以上とする目標を掲げている。

ちょっとした懸念PageTopお仕事と寿命の関係

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/948-f80071df

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示