Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

固定残業に関する司法判断

先日、最高裁で「櫻井裁判官補足意見(平成24年3月8日)」というものが出されました。



その内容は次のようなものです。

『便宜的に毎月の給与の中にあらかじめ一定時間(たとえば10時間分)の残業手当が算入されているものとして給与が支払われている事例も見られるが、その場合は、


① 
その旨を雇用契約上も明確に示しておかなければならない。

② 
給与支給時には、支給対象者の時間外労働の時間数と、残業手当の額が明示されていなければならない。

③ 
10時間を超えて残業が行われた場合、当然その支給日に超過分の残業手当が上乗せして支給される旨もあらかじめ明示されていなければならない。』



補足意見は法的な拘束力があるものではないのですが、この意見が出されて以降、その影響からか、定額残業代に対して厳しい裁判例が相次いでいるようです。



固定残業代
やるべきことをきっちりしているからこそ、求めることもきっちり求められるのです。





【アクティリンク事件(東京地裁平成24年8月28日民事第11部判決 労働判例1058号)】

月30時間分に相当する時間外労働割増賃金として支払っていた営業手当が下記要件を満たしていないということで、固定残業代としての性格を否定された事件

(1)
実質的にいて、当該手当が時間外労働の対価としての性格を有している

本件では、営業手当には、社員が顧客と面談する際にかかる諸経費を賄う趣旨も含んでいたことや、他の部署の社員も時間外労働に従事していたにもかかわらず、営業手当、又はこれと同趣旨の手当が支払われていない事をもって、実質的な時間外労働の対価としての性格が否定されています。


(2)
支給時に支給対象の時間外労働の時間数と残業手当の額が労働者に明示され、定額残業代によって賄われる残業時間数を超えて残業が行われた場合には別途清算する旨の合意が存在するか、少なくともそうした取扱いが確立されている。
⇒ 
本件では、恒常的に、定額残業代に含まれている時間(30時間)を超えた勤務があったにもかかわらず、超過時間分の残業代が精算されていないことが厳しく批判されており、固定残業代の性質が否定されています。





【ザ・ウインザー・ホテルズインターナショナル事件】

職務手当として、月95時間分に相当する時間外労働割増賃金を支払っていたケースで、95時間を超える通常残業が恒常的に発生したにもかかわらず、時間外賃金は一度も支払われていないことから、これを否定し、厚生労働場が示す月の限度時間45時間分の時間外手当として解釈するのが相当であるとした事件

事実上、全く95時間を超えた時間外賃金が支給されていない事から、本職務手当を95時間分の時間外賃金として合意され、あるいはその旨の就業規則の定めがされたとは認められず、事実上、時間外労働が何時間発生したとしても定額時間外賃金以外に支払わないという趣旨で定額時間外賃金を受給する旨の合意があったものとした。

そして、このような無制限な定額時間外賃金に関する合意は、強行法規たる労基法37条以下の規定の適用を先達する違法なものであり、本手当は全部無効として、本職務手当の全額を基礎賃金に算入して、時間外賃金に計算することも考えられる旨を示唆しています。

ただし、本件では本職務手当の合意が一定時間の残業に対する時間外賃金を定額時間外賃金の形で支払う旨の合意であると解釈し、時間外労働義務が発生する合理的な内容として、厚生労働基準や安全配慮義務の観点から本職務手当を45時間分の時間外賃金として認定しています。




これまでは、サービス残業への予防策として用いられてきた、固定残業手当ですが、超過部分をきっちり支給しないと、全てが否定されるということになりますと、そもそも固定残業手当を設ける必要性もあまりないということが言えます。



そして、今回のような裁判所の固定残業手当に関する判断は今後も厳しいものになるものと予測されます。



サービス残業問題への対応策に、『裏技』はありません。



適切な時間管理、そして、業務遂行方法の見直し、改良・改善、社員の労働時間への意識改革等、地道な努力の積み重ねが最も重要です。

PC作業の眼精疲労は労災になるのか?PageTop「健康づくり大キャンペーン」

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/959-310e2d2a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示