Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

特別加入者の給付基礎日額上限額の変更


労災保険は、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度ですが、労働者以外でも、業務の実情、災害の発生状況などからみて、労働者に準じて保護することが適当であると認められる人には、特別に任意加入を認めています。



これが「特別加入制度」です。




特別加入




特別加入できるのは、中小企業を経営する「中小事業主」、個人タクシーなど労働者を使用せず事業を行ういわゆる「一人親方」、海外に出向させる「海外派遣者」などです。






特別加入者に対する保険給付額は「給付基礎日額」によって算出します。



特別加入の場合、加入者本人が「給付基礎日額」を選択し、それに所定の保険料率をかけて算定された保険料を支払うことになっています。







平成25年9月1日からこの、「給付基礎日額」の選択の幅が広がります。


現状では、3,500円から20,000円までの13区分より選択することになっていますが、9月からは、22,000円、24,000円、25,000円の3区分が追加されることとなります。



なお、すでに特別加入している人については、平成26年度から新たな3区分の給付基礎日額が選択できます。





今回の改正により、加入者のより実態に合った給付基礎日額に変更する事ができるようになります。



ただし、特別加入は通常の労災とは違い、業務上の災害であっても、労働者に準じた業務をしているとき等、支給の範囲に制限があります。


よって、加入を考えられる方は、これらの内容をよく吟味して、加入を考える必要がありますので、ご留意くださいませ!!



パンフレット

雇用調整助成金と不正受給PageTop最低賃金の答申

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/969-d38c272c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示