Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

増える「心の病」

過労や職場の対人関係のトラブルから精神疾患にかかり、平成24年度に労災と認定された人が前年度比150人増の475人となり、昭和58年度の調査開始以来、過去最多となったことが21日、厚生労働省の集計で分かりました。



労災の申請者は1257人(同15人減)で4年連続で1千人超の事態が続いています。




厚労省は今回の増加について、「鬱病患者の増加のほか、平成23年の認定基準の見直しで、精神疾患が労災の対象になるとの認識が広まったことが申請数の増加につながっている」と分析しています。




精神疾患による労災申請が多かった業種は、製造業(225人)▽医療・福祉(201人)▽卸売業・小売業(196人)-の順。年齢別では40~49歳が387人と最多で、30~39歳が370人-と続いています。




労災認定された475人の発症原因は、「仕事内容や仕事量の変化」が59人、「嫌がらせやいじめ、暴行を受けた」が55人、「悲惨な事故や災害を体験・目撃した」が51人、「上司とのトラブル」が35人。




東日本大震災に伴う精神疾患で認定された人も15人いた。





一方、脳梗塞や心筋梗塞など脳、心臓疾患による労災申請は前年度比56人減の842人と3年ぶりに減少。




労災と認定された人は28人増の338人で、過去4番目の高さとなっています。




業種別では、「運輸業・郵便業」が最多。




認定された人の1カ月の平均残業時間は80~100時間が最多の116人で、160時間以上も31人いました。




労働条件、勤務時間等に関しては、企業ごとや個人毎に様々な理由で、時には負担が重なることもあります。



企業が経営を継続していくためにはそのような負担が欠かせない状況もありますが、いかなる理由、状況であろうとも、「働くこと」によって、働く人の健康に被害を及ぼしてよい道理はありません。



企業は、勤務の実態をきっちり把握するとともに、このような労災認定者が出ないよう、日々の管理、コミュニケーションを交わしていく必要があります。



kokoronoyamai.jpg




特に、今回は、いじめ等がその原因として大きく増加していることが見て取れます。




所謂ハラスメント問題です。




ハラスメント問題に関しては、よくコミュニケーションをすることがその原因と捉えられている節がありますが、それは大きな誤解です。



実際には、ハラスメントの原因の多くは、コミュニケーションギャップにありますので、お互いがより良く理解できるよう、会話を減らすのではなく、増やしていく事こそが、最も適切な対応となります。



上司は部下の、部下は上司の、毎日の行動や会話に興味を持ち、お互いが分かり合おうという気持ちでコミュニケーションができる、そのような職場を形成していく事が重要となるのではないでしょうか?



労災が怖くて会話しない、は逆効果なのです・・・




精神障害の労災認定


脳・心臓疾患の労災補償状況


精神障害の労災補償状況

ちょっとお勧めこのお店 85 (熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎)PageTop先進医療といいますが・・・

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/979-a8215de8

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操