Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点

最近何かとSNSなどで不適切行動が流出し、問題になっています。





例えば、
お寿司屋さんの皆が使う醤油入れをくわえてみたり・・・

お好み焼き屋さんでマヨネーズとソースの容器を鼻に突っ込んでみたり・・・

電車内の優先席で酒盛りをしてみたり・・・

パンをベッドにして寝てみたり・・・

スーパーで冷蔵庫の中に入ってみたり・・・





個々人のモラルを疑うような、厭きれるような行為ばかりで言葉も出ない人が多いのではないでしょうか。




ただ、これほど行き過ぎたようなものは別にして、簡単に即座に情報をアップできてしまうSNSのリスクは誰にとってもあるものです。




その時はあまり深く考えずに何気なく投稿した記事が、思わぬ第三者に影響を与えることも少なくありません。



SNSは、例えセキュリティをきっちりしていたとしても、その情報が、システムの故障や、手続きの勘違い、突然の変更など、いかなる理由で情報が流出するかもわかりません。



一旦、流出してしまえば、大きく言えば、世界中の人が閲覧可能になってしまう、そんなリスクを理解した上で楽しく利用する必要があります。




SNS.jpg 
どの様に繋がるか予想不可能な面もありますしね。








そして、企業は、このようなリスクを自社の社員に周知・啓蒙し、正しい利用方法を伝えていく必要があります。





そんな企業の社員に対するSNSの労務管理に役立てる事ができそうな資料として、先日、総務省が「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点」なるものを発表しています。





内容自体は、次のようなもので、当たり前の事ばかりではあるのですが、まずは、その当たり前から遵守し、啓発していく事が大切かと考えています。


<構 成>
 1.はじめに
 2.ソーシャルメディアの特性
 3.ソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点
  (1)国家公務員として特に留意すべき事項
  (2)その他一般的に留意すべき事項
    1 総論
    2 事実に反する情報等
    3 事後対応
    4 安全管理措置
    5 特定のアプリケーションの動作







多くの人と交流し、人間関係をつなぎ、楽しむためのSNS。



利用した結果が本末転倒とならないよう、気をつけたいものです。


国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点

リーダーシップは生まれつき?PageTopセクハラに関する規定等

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/986-68bd7dda

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示