Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

平成24年派遣労働者実態調査の概況


先日、厚生労働省が「平成24年「派遣労働者実態調査」の結果」を発表しています。



この調査は、労働者派遣の実態等について、事業所側、労働者側の双方から把握し、労働者派遣制度に関する諸問題に的確に対応した施策の立案等に資することを目的として実施されているものです。



調査結果は目的にある通り「事業所調査」と「派遣労働者調査」に分けられてまとめられています。




そのうち、「派遣労働者調査」の中でもっとも注目される項目として「今後の働き方の希望」について述べられたいる部分があります。


この結果が少し驚きの内容・・・



一般的に労働者派遣は非正規雇用であるために、直接雇用されることを希望する労働者が多くいると考えられているようですが、調査結果によると、「派遣労働者として働きたい」が43.1%、「派遣社員ではなく正社員として働きたい」が43.2%とほぼ同じ割合の結果となっているのです。



ただし、「派遣労働者として働きたい」労働者のうち、「常用雇用型の派遣労働者として働きたい」は80.4%、「登録型の派遣労働者として働きたい」は19.6%となり、派遣されること自体には抵抗感や問題が少ないものの、安定した特定派遣的な安定しか雇用形態を求めていることを理解することができます。



ここのところ派遣は悪であるかのような取り扱いがなされ、派遣会社は厳しい環境に置かれ、ついに派遣法の改正までなされたところですが、現場で働いている人たちの声を聴いてみると、世間一般のイメージとは違う部分があるのかもしれないと考えさせられる統計になっています。


事業所調査

1 派遣労働者の就業状況
2 派遣契約の状況
3 派遣労働者に対して行った教育訓練・能力開発の実施状況
4 派遣契約の中途解除
5 派遣労働者からの苦情
6 派遣労働者を正社員にする制度
7 紹介予定派遣制度
8 今後の派遣労働者の割合の方針


派遣労働者調査

1 派遣労働者の属性
2 これまでの派遣就業の状況
3 調査期日現在の派遣業務
4 苦情
5 要望
6 紹介予定派遣の周知状況
7 今後の働き方の希望

参考
就業形態、性、雇用期間の定めの有無別労働者の状況

1 就業形態別労働者を雇用している事業所の割合
2 就業形態別労働者の割合

平成25年度の最低賃金PageTop雇用法改正 人事労務はこう変わる(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/999-170adff4

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示