Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

<<前のページ | ホーム

子育てとビジネスは繋がる

先日から、ワークライフバランス等について取り上げていますが、これらについて、経営者はどのように捉える必要があるのでしょうか?


育児休業によって働いてもらうために雇用する社員が、長期の間戦線を離脱する可能性があったり、プライベートの充実と称して、仕事に割く時間を社員が押さえるようになったとき、一見、経営の観点から考えると悩ましく見えるかもしれません。


これについて、経営者で自身も実際に子育てに取り組んだ、サイボウズの青野社長が自身の体験から考え方事を述べていて、これが非常に興味深い内容でしたのでご紹介いたします。


以下、ハフィントンポストより


■育休を取って、子育てと経済が初めてつながった

第1子が生後6カ月だった頃に、2週間の育児休暇を取得して、そこで初めて気がついたことも多かったという青野社長。その中で、最も大きな気づきは「子育て」と「経済」がつながったことだという。


「仕事と家庭とどっちが大事かっていう議論がありますよね。自分が子育てをする前は、どっちも同じくらい大事だと思っていましたが、今は明らかに、子育てのほうが大事だと僕は思います。というのも、まず子育てをできる社会を作らない限り、次の世代が無いわけだから、経済も無くなりますよね。人がいなくなるということは、物を作って売ろうと思っても誰も買う人がいませんとなるわけです」


育児休暇の2週間、子供の世話でいっぱいいっぱいになったという青野さん。会社の状況をグループウェアで確認しつつも、何も仕事ができない辛い状況が続いたが、育休最後の日に「この子が将来、うちのソフトを買うかもしれないぞ」と閃いたという。子育てとビジネスがつながり、「今頑張って、子育てしなければ」と気づいた瞬間だった。


まず、子育てを“社会の基盤”と捉え、そこをサスティナブル(持続可能な)な状態にしなければ、日本の社会やビジネスにも未来はない。「『子育てをする人は、一番大事なことをしてくれている人』となるように、価値観を置き直す必要がある」と青野さんは語る。



■社会の仕組みを理解することで、仕事の視野が広がる

経済成長のために、子育てが重要であることはわかったが、では、子育てを経験することは、個々人の仕事にどんなメリットをもたらすのだろうか。


「例えば僕の場合、社長として意思決定するのが仕事ですが、今までは“事業を成長させる”という視点でビジネスの意思決定をしていました。ところが、子育てや家事に関わり、社会ってこうやって動いているんだとか、もっと言うと、人間ってこうやって世代をつないできたんだということがわかると、それまでとは意思決定の質が、全然違ってきました」


「自分がここで決めたことが、社会に対して、人類に対してどんな影響を与えるだろうかという視点が出てくるんですね。それが、良いことかどうかは長い目で見ないとわかりませんが、少なくとも視野は広がりましたね」


もちろん、一般の会社員だったとしても、子育てや家事を通して社会と接点を持つことが、仕事のヒントになりうる。例えば、一般消費者向けの商品やサービスを扱う企業なら、消費者のニーズに直接触れる機会になるからだ。



■男性が育休を取るなら、誰も取っていない今のうちに

また、政府の「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」に参加した青野さんによれば、女性の活用をはじめ、ダイバーシティ(多様性)や柔軟な働き方の重要性に気づいている経営者は確実に増えているという。その視点を経営に取り入れなければ、会社が今後イノベーションを起こせないと理解している経営者も多いそうだ。


「社会は今後、必ず多様な働き方を認める方向へと変わって行きます。そんな時代に、いち早く育休を取った経験を持つ男性は、それを武器にできますよ」と青野さんは語る。


「会社によっては、男性が育休を取得する制度はあるのに、会社の雰囲気がそれを許さない場合もあると思います。でも、もし自分が育休を取りたいと思っている人がいるなら『無理してでも、今取っておくべき』と僕は勧めています」


「もし、その会社で初めて育休を取った男性になれば、間違いなく、その人は伝説に残ります。今後、必ず社会はそういう方向に動きますから、10年後、人事部長になれると思います(笑)。その経験を武器に、転職できるかもしれません」


育休を取ることで、会社での風当たりが強くなるかもしれないが、それもすべて武勇伝に変わる。育休を取得したいと思っているなら「男性の育休が当たり前になる前に取ったほうが、絶対にメリットは大きい」と青野さんは笑う。


少子化・高齢化の問題を抱える日本。今後ますます多くの人が、育児や介護をしながら働くことになるだろう。日本は今、働き方の価値観が変わる過渡期を迎えている。


今後日本がどう変化していくのかを、きちんと理解して、目先の利益だけにとらわれずに、自分の働き方、家族や社会との関わり方を考えていくことが、自身のキャリアを広げていくことにつながるのではないだろうか。



ワークライフバランスについて、短期的なものの見方をすると、最初に述べたように、ワークライフバランスは問題、となるのかもしれませんが、大切なことは、それを問題視するのではなく「どのような仕組み」をつくるかであって、その「仕組み」を取り入れることが、長期的に見た企業の成長に繋がるのではないでしょうか?


ワークライフバランスがビジネスと繋がる



経営の前ではついつい、物事が数字や事象に遮られがちとなります。


しかし、その数字や事象の奥にあるものは「人の心の動き」です。


社員のモチベーションアップも、自社の商品の売り上げ増加も、「人の心」を無視して受け入れられるものではない事を考えれば、ビジネスマンの前に、「人としてどうあるべきか」を考えたとき、経営の未来についても、合理的な道筋が見えてくるのかもしれません。

大切にしていますか、ワーク・ワイフ・バランス(言葉の間違いじゃないよ!!)

「ワーク・ライフ・バランス」は最近よく聞く言葉ですが、これに伴い、「ワーク・ワイフ・バランス」も大切という話を聴きました。


「ワーク・ワイフ・バランス」とは、妻や家族と過ごす時間と仕事のバランスの事を意味する言葉で、欧米では既に使われているようです。


そして、「ワーク・ライフ・バランス」を達成するためには、「ワーク・ワイフ・バランス」を考える必要があると指摘されています。


2012年における日本の総実労働時間(パートタイムを含む)は1,765時間で、1998年の1,919時間からは減少していますが、就業形態別に見た一般労働者の総実労働時間は2012年が2,030時間で1998年の2,050時間と大きく変わっていません。


一般労働者の中には正規職の男性労働者が多いことを考えるますと、男性正規職の労働時間は以前とそれほど変わっていないか、もしくは長時間残業が常態化しているのかもしれませんね。


長時間労働が続くと、家庭に費やす時間がそもそも取れなくなりますおんで、ワークもライフもあったものではありません。


OECDが2014年に発表した調査結果によると、日本の15歳から64歳の女性は1日に家事や育児等、給料が払われていない仕事(unpaid work)に299分を使用していることに比べて、日本の男性は62分しか使用していないそうです。


ちなみにOECDの男性平均139分とのこと。


これって、すごく考えされられますね。


労働時間が長いと、家事や育児への参加時間どころか、妻や家族と会話する時間や過ごす時間も取れません。


これって、何のために働くのか、その目的を失いがちになってしまうような気がします。


家族 家族がいるから頑張れるってことありませんか?



実際、就職情報サイト「マイナビ」が2013年に実施した調査結果によると、回答者の約6割が夫婦の平日1日の平均会話時間が「1時間未満」と回答しています。


しかも、「15分未満」と答えた回答者の割合も25%にも達したそうです。


こうなると、「名ばかり夫婦」なんて言われても仕方がないかも(笑)


今のような流れの中で、「女性の社会進出」だけを声高に叫んでしまうと、結局は家族の崩壊に繋がってしまうかもしれません。


グローバル時代と言われる今、本当の「ワーク・ライフ・バランス」が満たされた社会をつくるためには、仕事の時間と妻や家族と過ごす時間の調和とも言える「ワーク・ワイフ・バランス」の概念を皆さんでシェアしていく事が、今後、大切になってくるのかもしれませんね。


実際、昔、先輩などと話をしていて、

「いつも仕事が遅いので早く帰ると居場所が無いので帰りたくない」 
とか、
「たまに早く帰っても何を話をしていいかわからんので、お前も一緒についてきてくれ」
とか、
「俺の顔をあんまりにも長い間見ていないので、たまに帰ると子供が「誰ですか、おじさん」と言ってくる」

なんて話を冗談でよく聴いたものです。


これって、ワーク・ワイフ・バランス全く取れてませんね(笑)

気持ちはわかる「家事ハラ」白書

旭化成ホームズの「共働き家族研究所」が行った「妻の家事ハラ白書」という調査が話題になっています。


家事ハラ



同調査によれと、「家事ハラ」とは“‘家事に対する何気ないダメ出し”をさし、家事ハラを受けたことがある夫は約7割にもなります。


この家事ハラの訴えって、何とか頑張って家の事を手伝おうとするけどうまくできない男性陣の「心の叫び」みたいなところもあって、シュールで少し笑えます。





家事ハラ白書では、家事に参加する男性の参加は過去が10%ぐらいだったものが、今は半数に迫るなど、年々増えていることがわかります。


旦那さんも奥様に見捨てられないために、健気に頑張る時代なんです(T_T)


しかし、その過程の中で、家事に不慣れな「チョイカジパパ」の多くは何気ない妻からの「家事ハラ」でモチベーションを下げているようです。


強く言われるとすぐにこんな風になっちゃいます(笑)
ごめんなさい 男性は傷つきやすいのです (-_-;)


家事の平等分担を一層進めていくために、お互いがお互いを「褒め合う」「感謝しあう」事も大切ですよね。


妻の家事ハラ白書


共働き家族研究所の調査結果

共働き夫婦の意識調査

認可外保育施設の現況

厚生労働省は先日、平成24 年度「認可外保育施設」の現況まとめを発表して今う。


これは、都道府県、政令指定都市、中核市(以下「都道府県など」といいます。)が実施した、平成25 年3 月31 日現在の指導監督状況の報告を集計し、取りまとめたものだそうです。


「認可外保育施設」とは、児童福祉法に基づく都道府県知事などの認可を受けていない保育施設のことで、このうち、
〔1〕夜8時以降の保育
〔2〕宿泊を伴う保育
〔3〕一時預かりの子どもが利用児童の半数以上
のいずれかを常時運営している施設については、「ベビーホテル」と言います。


指導監督は、これらの施設が、子どもを保育するのにふさわしい内容や環境を確保しているかを確認するため、都道府県などが立ち入り検査するものです。


対象は、少数の子供を保育する施設など、都道府県知事などに届出が義務付けられていない施設を含む、すべての認可外保育施設となります。


立ち入り検査は、原則として年1回以上行われ、やむを得ずに対象を絞る場合でも、ベビーホテルについては必ず年1回、実施される事となっています。


本調査では、「認証保育所」などの地方単独保育事業の施設も対象に含みますが、事業所や病院が従業員のために設置する「事業所内保育施設」は含んでいません。


ただ、参考のために事業所内保育施設も把握できるものについては集計され、結果が記載されています。


【ポイント】
・認可外保育施設の総数         7,834 か所    前年度比    95 か所の増
  (内訳)ベビーホテル           1,818 か所      同       12 か所の減
       その他の認可外保育施設   6,016 か所      同       107 か所の増

・入所児童の総数              200,721 人      同      15,762 人の増
  (内訳)ベビーホテル             34,511 人      同       1,823 人の増
       その他の認可外保育施設    166,210 人      同       13,939 人の増


ベビーホテル


見てわかるのは、入所児童数はグッド増えていますが、一方、ベビーホテルの数が減っているという事です。


昨年まではベビーホテルの数が増え続けていたのですが、他方で入所児童が少し減少していたので、その様な流れの中で調整された結果なのかもしれません。


女性が育児をしながら働き続けるために、万が一をサポートされる仕組みがまだまだ不足していることがこれらの統計から見てとることができます。


平成 24 年度 認可外保育施設の現況取りまとめ


ご存知ですか?パタニティハラスメント

セクハラ、パワハラ、マタハラ、モラハラ、アカハラ、デブハラ等々、ハラスメントの範囲は最近多岐にわたります。


まぁ、ざっくり言ってしまえば、「されて嫌な事」が幅広くハラスメントという名で表現されるようになっているので、これからもいろんなハラスメントが出てくるものと予想されます。


ここで大切なことは、「●●ハラスメント」と「名」をつけることで、今まで軽はずみに行われたり、無意識に行われていたような行動や言動が相手の何らかの権利を侵害しているということに周りが気付くようになり、これが是正され、お互いが気持ちいい関係を築くことができるきっかけにするという事かと思います。


ですので、間違っても、自身の損得や、自己利益の追求、我儘を通すために、ハラスメントという言葉が利用されないよう、そこは周囲の人へのマナーや感謝の気持ちをもって、行動していく事も一方では大切です。


さて、そんなハラスメントですが、最近「パタニティ・ハラスメント」なる言葉を聴くようになりました。


この「パタニティ・ハラスメント」とは・・・


パタニティとは父性のことで、「男性が育児参加を通して父性を発揮する権利・機会を侵害すること」を指すそうです。


最近は、いろんな取り組みの中で「イクメン」がかっこいいという価値観も出てきており、若い人の間では随分浸透しつつあるようなことから見ても、男性の育児への取り組みが少しずつではありますが、進んできています。


このような、男性が育児に積極的に取り組んでいく事に対し、


「それって、ただのさぼりじゃないの?」とか、「企業にとっては給料泥棒」「他の従業員にとっても迷惑な事」なんて言葉が投げかけられるのも、実際にはまだまだ多いようで、このような行為をバタハラというそうです。


パタハラ


ユーキャンが6月10日発表した「男性の育児休暇取得に関するアンケート」では、男性ビジネスマンを対象にネットで調査を行ってたところ、「会社に育休を取得しやすい制度があるか」との質問に「ある」と答えたのは、育休取得経験者の71.4%、育休取得未経験者は31.0%となっており、これを見ると、男性が育休を取得するには、会社の理解や制度充実等、積極的な取り組みがが前提となる事がわかります。


実際、育休を取得する際の障壁についての質問に対し、多くの人が、育休取得者・未取得者ともに「職場の理解が足りない」と答えており、その根深さを見て取れます。


これからは企業も働きやすい職場をつくるために「パタハラ対策」を積極的に行うことが大切ですね。


また、個々の価値観を変えていく事も大切です。


特に子育てをしてからずいぶん時間がたっている人ほど要注意!!


これらの人達からついつい出てしまう言葉は「俺が若いころは・・・」「今の若いものは・・・」という、昔の自身の経験からの比較話。


このところ、10年単位で大きく価値観も考え方も変わっています。


たった30年前には、インターネットも携帯電話もスマートホンもなかった時代。


そのころは、賃金は毎年ベアアップが行われ、年功序列の名のもと、普通にしていれば、それなりの安定が約束されており、社会保険料や税負担もそれほど高くなく、銀行の金利も数%もついて、数百万の貯金で毎年旅行に行けました。
(もちろん、いまより大変だった部分もたくさんありますので一概に比較はできませんが)


このあたりの環境の変化を考えると、今の人達の子育ての大変さに思いを寄せて理解していく事も大切です。


昔と今は環境が大きく違うわけで、これからは、周囲のみんなで温かく見守って、社会全体で子育てしやすい環境を作っていく事が大切なのですから・・・


「パタハラ」という言葉が普及していく事で、これまでのハラスメント同様、このような問題が解決していくといいですね。

上手なセクハラの防ぎ方?

ここの所、セクハラ問題が大きく取りざたされています。


たかが「野次」のレベルで問題が済まないのは、その言葉の背景に、多くの男性のホンネが見えてしまったというところと、ハラスメントに関する意識が社会全体で向上してきたことで、これまで黙ってやる過ごしていたことが指摘しやすくなっている、というような事があろうかと思います。


そんは、セクハラの関してですが、先日、「上手なセクハラの防ぎ方」なる記事を見つけたので紹介いたします。


以下、J-CAST 北条かや氏の記事より
この春から、とある中小企業に入社したF子(23)は、歓迎会で見た光景が忘れられません。

酔いが回ったおじさん社員が、パート女性の腰に腕を回すわ、「キレイな手だね~」と手を握るわで、「これが会社組織の飲み会ってヤツ……!?」と、モヤモヤした気持ちになりました。

厚生労働省によると、性的行為の強要だけではなく、性的な冗談・からかい、食事やデートにしつこく誘う、性的な噂を流す、個人的な性的体験などを話す・聞く……いずれもセクハラにあたります。

「性的な冗談」は、時に『シモネタ』と呼ばれ、互いの距離を縮めるきっかけになったりもします。

それを、相手の気持ちを考えずに押し付けるから「嫌がらせ」になるのですね。

お互いの関係性を無視したセクハラありきで盛り上がっている飲み会などは、本当にイヤなものです。

最近では男性も「言葉のセクハラ」などの犠牲になる例が多く、2007年の改正男女雇用機会均等法からは、男性へのセクハラも禁止されるようになりました。

職場でのセクハラに、対処法はあるのでしょうか。

悩みながらもF子は、ある処世術を身につけました。期末の飲み会で、20代後半の女子社員が、40代の男性に向かって「それ、セクハラですよ~!」と明るく言っていたのです。

それを見た瞬間、F子は「これは使える!」と思ったそうです。

セクハラをする人は大抵、「これは嫌がらせに当たるかな」なんて真剣に考えていません。

飲みの席では、盛り上がってタガが外れた人もいます。そこで一言、「それ、セクハラですよ!」と明るく反撃するのです。もちろん現実には様々なセクハラがあり、急な対処が難しい場合もあるでしょう。

それでもF子は、「それ、セクハラですよ!」と明るく言ってのける先輩に、性的嫌がらせを明るく蹴り飛ばす力を感じたのでした。

ただ「セクハラですよ」と言うだけでは、「どこがだよ!」と逆ギレされる可能性もあります。

なので、具体的に教えてあげましょう。

「手を握るのはセクハラじゃないですか~?彼氏以外にされたら嫌ですよ!」と、具体的にどこがイヤだったのか表明することで、相手の理解も得られるはずです。

甘い見通しかもしれませんが、何も言わずに後悔するより、ずいぶん気が楽になるでしょう。

他の人がセクハラに遭っているときも、迷わず「それ、セクハラじゃないですか~?」(笑顔で)。

困っている同僚を、救えるかもしれません。

9年前に出た香山リカさんのエッセイ『働く女の胸のウチ』(2005年、大和書房)では、女性の同僚に「それ、セクハラですよ!」と言われ、「どこからがセクハラなのか、さっぱりわからなくて」と悩む男性編集者が登場します。

彼の気持ちも、よく理解できる。

なので、「あなたの発言のここがセクハラだと(私は)思いますよ」と、教えてあげるのがよいでしょう。

あくまで「私はこう思う」と言うのがポイント。

この方法なら男性も使えます。

上司から性的な話題を振られて困ったら「それ、セクハラですよ」。

「最近の若手はすぐセクハラだと言って心を開かない」なんて言われても、いいじゃないですか。


セクハラ防止

本来は、セクハラはしない事が大切なので、男性も気をつけないといけませんが、人間関係を良好に築く為のコンタクトと、セクハラが時には微妙になったり、主観にずれがあったりする事も事実あります。

今回の事例は、その様な誤解や微妙な部分をある程度受け入れた相手目線も考慮した優しい対応法です。

気づかない人には、具体的のその内容を伝えてあげる、それでもしつこくしようとする場合は、今度は男性や周囲が「それやめましょう!!」と堂々と注意することも大切ですね!!

<<前のページ | ホーム

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示